ホーム > 活動 > 教員活動

教員活動のアーカイブ

アメリカ ロサンゼルスで開催中の「Groundswell:Guerilla Architecture In Response To The Great East Japan Earthquake」展に「ながしずてぬぐい」が展示

アメリカ、ロサンゼルスのMAK Centerにて開催中の「Groundswell: Guerilla Architecture In Response To The Great East Japan Earthquake」展に「ながしずてぬぐい」が展示されてます。

MAK Center はロサンゼルスのウェストハリウッド、閑静な住宅街にある建築家 ルドルフ•シンドラー(1887-1953)が設計した自邸であるシンドラー邸(1922)を活用したアメリカでも有数な建築専門のギャラリーです。

「Groundswell: Guerilla Architecture In Response To The Great East Japan Earthquake」展は、UCLAの建築都市デザイン学科の阿部仁史学科長とMAKセンターのディレクターであるキンバリ•マイヤーさんが共に考え実現した展覧会で、東日本大震災の直後からどのように日本の建築家達が活動を開始したかを振り返る内容となっています。
「東日本大震災における建築家による復興支援ネットワーク(アーキエイド)」に参集し、それぞれ積極的に被災地での復旧、復興支援活動に取り組んだ建築家の活動が紹介されています。
アーキエイドのメンバーである、阿部仁史、千葉学、貝島桃代、塚本由晴、中田千彦、槻橋修、山本理顕らの活動と、リアスーク美術館の学芸員である山内宏泰の撮影した被災地の写真の展示によって後世されています。
展覧会初日の10月25日には、MAKセンターの中庭にて、記念のシンポジウムが開催されました。
日本からは千葉学(東京大学教授)槻橋修(神戸大学准教授)中田千彦(宮城大学准教授)の3名と阿部仁史(UCLA建築都市デザイン学科長)に加え、米国内の自然災害の専門家、ジャーナリストらが参加して活発な意見交換が行われました。
シンポジウムでのレクチャーでは、被災地域の復興に向けたシンボルとしての「ながしずてぬぐい」のことや地域資源をいかした地域再生プロジェクトとして漆作家でもあり、宮城大学デザイン情報学科で共に教育活動を行っている土岐謙次先生との「ながしずうるし」についてもお話をさせていただきました。

2013年のサンフランシスコでのJ-POPサミットフェスティバルでのプロモーション、ベルリンAEDES ギャラリーでの展示に加え、国際的な舞台で多くの人に私たちの活動をお披露目する機会となっています。

会場:Schindler House 835 N Kings Road West Hollywood, CA 90069
会期:2014年10月25日〜2015年1月4日
展覧会名:Groundswell: Guerilla Architecture In Response To The Great East Japan Earthquake

会場内に展示されている「ながしずてぬぐい」と「A book for Our Future, 311」そしてコミック


写真右から、千葉学東京大学教授、阿部仁史UCLA建築都市デザイン学科長、槻橋修神戸大学准教授、中田千彦

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

展覧会出展のお知らせ「ジャパン•アーキテクツ 3.11以後の建築」金沢21世紀美術館

2014年11月1日(土)より、金沢21世紀美術館で開催されている展覧会「ジャパン•アーキテクツ 3.11以後の建築」に、東日本大震災における建築家による復興支援ネットワーク[アーキエイド]の活動を紹介する展示が出展されています。
そのアーキエイドの活動の一環として、宮城大学事業構想学部デザイン情報学科中田千彦研究室が、宮城県南三陸町で行う震災復興支援活動「A Bok for Our Future, 311」のパネルが展示されています。
会場にお出かけになる機会がありましたら、是非ご覧ください。

会場:金沢21世紀美術館

会期:2014年11月1日(土) –  2015年5月10日(日)

概要:2011年3月11日に起きた東日本大震災は、建築家と建築界に大きな意識の変化をもたらしました。津波の圧倒的な破壊力に、建築物を強化するだけでは解決できない問題を突きつけられると同時に、人と人との繋がり、地域と人の関係といったソフト面からのアプローチがいかに大事かを考えさせられたのです。さらに未曾有の惨事となった原発事故はエネルギー問題に対しての意識と危機感を急激に高め、環境やエネルギーとの関係に配慮した設計が、今までに増して切実に求められるようになりました。さらにマクロに見ると、少子高齢化に向かい、住宅や公共施設がだぶつくと言われるこれからの日本において、建築家がどのような役割を果たし、どのような未来を描こうとするのか、批判と期待の両方をもって問われるでしょう。こうした社会の変化に自分なりの考え方や手法で向き合う25組の建築家の取り組みを紹介します。(美術館ウェブページより転載)

出展者:403architecture[dajiba] / 青木淳建築計画事務所+ エンデザイン / 新居千秋 / 伊東豊雄+ 乾久美子+ 藤本壮介+ 平田晃久+ 畠山直哉 / 乾久美子 / 岡啓輔 / 垣内光司 / 工藤和美+ 藤村龍至+ 東洋大学ソーシャルデザインスタジオ / 光嶋裕介 / 小津誠一+ 宮下智裕+ 松田達 / 三分一博志 / 竹内昌義+ 馬場正尊+ 東北芸術工科大学 / 東京R不動産 / ドットアーキテクツ / トラフ建築設計事務所+ 石巻工房 / 成瀬・猪熊建築設計事務所 / 西村浩+ワークヴィジョンズ / 日建設計ボランティア部 / バスアーキテクツ / はりゅうウッドスタジオ / 坂 茂 / 東日本大震災における建築家による復興支援ネットワーク[アーキエイド] / BMC(ビルマニアカフェ) / ブルースタジオ / 山梨知彦+ 羽鳥達也+ 石原嘉人+ 川島範久(日建設計)

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

自遊工房(仮称)開所式が開催されました

宮城大学大和(たいわ)キャンパス、交流棟サークル室に近接する旧材料実験室前の中庭を屋根付きの作業空間にする工事が2014年9月末に完了しました。
2014年度後期より「自遊工房(仮称)」として、学生、教員の創作活動の場として活用していきます。

運用開始にあたり10月10日に開所式が開催されました。

「自遊工房(仮称)」開所式
日時:2014年10月10日(金)12:30〜13:00
場所:「自遊工房(仮称)」宮城大学大和キャンパス、旧材料実験室前中庭

開所式には宮城大学理事、学内外の関係者が集まり、学生による工房で行われる制作作業のデモンストレーションが行われ、テープカットのセレモニーも開催しました。

設計監修 中田千彦 土岐謙次
施工   鈴木工務店
工事担当 ヒジリ建設

宮城大学の学生、教員の創作活動の拠点として、積極的に活用できるようにしていきたいと思います。

テープカット(左より大和田理事、高山理事、現場工事をしてくださったヒジリ建設の庄子佳奈社長、笹井副学長)

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

「上多田川小学校のこどもたちがそそいだまなざしの花を咲かせよう」宮城大学大和キャンパス学内展示が開催されました

2014年6月8日(土)から12日(木)まで、宮城大学大和キャンパス亀倉ギャラリーにて「上多田川小学校のこどもたちがそそいだまなざしの花を咲かせよう」宮城大学大和キャンパス学内展示が開催されました。

ちょうど、宮城大学のオープンキャンパスの一環として開催された「講義開放ウィーク」の期間中の開催だったので、学外からのゲストの方にも見ていただく機会となりました。

今年2月に加美町の上多田川小学校にて展示した内容に加え、在校生に参加していただいたワークショップの様子を撮影した写真(撮影:佐藤早苗•写真家•宮城大学卒業生)を展示し、子供達の生き生きとした様子をご紹介することができました。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

石巻市二子(ふたご)地区まちづくり協議会でのワークショップ

中田研究室では、東日本大震災で被災をされた石巻市の3つの地区(雄勝、北上、河北)から、二子(北上川沿いで、三陸道の河北インターを降りたすぐの地域)に集団移転をされる皆さんのためのまちづくりをお手伝いしています。

2013年8月、石巻市二子(ふたご)地区まちづくり協議会の設立を機に、協議会の委員として東北大学のメンバーと協力し、移転後の生活基盤となる新しい住宅地を考えるワークショップなどにも取り組んでいます。
開発の規模はおおよそ19ヘクタール、自力再建、公営住宅と合わせて約400戸が生活の拠点を構える大きな移転計画です。

2014年4月23日(水)の午後7時より、河北総合支所にて、各地区を代表して協議会に参加されている委員の皆さん、石巻市役所の各担当者、宮城大学、東北大学のメンバーでワークショップを開催しました。
今回のワークショップでは、住居を囲む街区のありかたについての検討を行いました。
クルドサック型、クランク型、背面緑道設置型の街区の模型を用意し、1ブロック30戸を基準とした街割りを検討します。
用意した典型的な街区のパターンにそれぞれ住宅の模型を配置し、その周辺の緑地、二次的な通路などを描き加えたり、道路幅や道路線形を変更して街並についての考え方を出し合います。
4つのテーブルに分かれて議論を重ね、それぞれの検討次項を各テーブルからプレゼンテーションをしてもらいました。

ワークショップの最後で、4つの街路パターンを並べてみると、将来の街並を想起させる模型になります。

今回のワークショプで出された話題、検討次項を集約し、移転先の地域全体を見据えたマスタープランを描く作業にこれから入っていきます。
宮城大学からも院生、学部の3、4年生が各テーブルでのファシリテーターとして参加し、切実な地域の皆さんの話題を丁寧に取り上げ、模型作りのお手伝いをさせていただきました。

4つの模型を合わせてみると、街の雰囲気を感じることができます。これをモデルとして、実際の敷地にあわせながらマスタープランを描いていきます。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

PRACTICE 2013-14 展 開催のお知らせ

宮城大学では、毎年年度末に全学の学生、教職員からの応募される研究や作品展示を行う「PRACTICE展」を大和キャンパスにて開催しています。
今年も3月17日(月)から20日(金)まで、大和キャンパスの亀倉ギャラリーを中心に「PRACTICE 2013-14 展」として開催されます。
会期中には今年度の卒業式(3月19日)が大和キャンパスの講堂で執り行われます。
卒業される皆さん、保護者、関係者の皆さんにも是非ご覧いただきたいと思います。

会期:2014年3月17日(月)〜20日(金)
時間:10:00〜18:00(最終日のみ17:00まで)
場所:宮城大学大和キャンパス(〒981-3271 宮城県黒川郡大和町学苑1-1) 亀倉ギャラリー(交流棟と本部棟を結ぶブリッジ2階の中間にあるギャラリーです。)
展示作品:宮城大学の学生、教職員の研究、作品等

宮城大学までのアクセス

第3回 PRACTICE展 作品•プロジェクト大募集

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

「上多田川小学校の子供たちがそそいだまなざしの花をさかせよう」プロジェクト

宮城県加美町 上多田川(かみただがわ)小学校にてワークショップを開催しました。

タイトルは「上多田川小学校の子供たちがそそいだまなざしの花をさかせよう」プロジェクトです。。

加美町 上多田川(かみただがわ)小学校は平成26(2014)年3月に、町内の別の小学校との統合が行われ、閉校となります。
宮城大学は加美町との協定を結んでいることから、この小学校の跡地の有効活用についての検討委員会開催に際し、教員が委員として参加をしています。

この検討委員会において、閉校となる平成26(2014)年3月までに、上多田川小学校に通う児童生徒の皆さんとともに、ワークショップを行うこととなりました。
平成25年末、冬休みの宿題として児童生徒に皆さん全員にリサイクルカメラをお渡しし、それぞれが好きな写真を撮影します。3学期の始業式にリサイクルカメラを提出し、その後、写真にする作業を行いました。
リサイクルカメラはデジタルカメラとは違い、何を撮影したかその場では確認できません。そして、撮影された写真には、確かにその目で見た光景が写っています。

できあがった写真には、各自でキャプションをつけてもらいました。様々な色紙に見たこと、感じたことを書いてもらっています。
その写真を宮城大学の学生が制作した展示用のステーに取り付けて、花畑のような展示空間が完成しました。

平成26(2014)年2月1日(土)上多田川小学校の体育館で、展示作品制作のワークショップが開催されました。
はつらつとした子供達の表情が印象的なワークショップでした。

一枚一枚丁寧に写真を取り付けていきます。ステーの足の長さは子供達の背の高さにそろえてカットしてあります。その時の子供の視線に写真がくるように考えました。

色紙に書かれたキャプションが見える方向からの展示風景。様々な気持ちが言葉になって書かれています。

思い思いの写真が宙を舞っています。時折揺らぐ写真の群れは、子供達のまなざしの一つ一つです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

J-POPサミットでの展示報告(第二弾)

J-POPサミット、二日目。曇りで少々肌寒いサンフランシスコの夏です。
学生たちの来場者への応接もだいぶ慣れた様子で、積極的に話しかける場面も増えました。
昨日に引き続き、多くの方が屋外の宮城大学展示ブースをご訪問いただきました。

    
最後に、今回の宮城大学の展示をご支援くださった皆さんと集合写真。

二日間という短い期間でしたが、サンフランシスコのイベントでの展示は大盛況でした。
皆様、お疲れさまでした。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

J-POPサミットでの展示報告(第一弾)

アメリカ、サンフランシスコにて開催されている「 J-POP サミット」(2013/7/27-28) に、宮城大学デザイン情報学科から展示を行っています。
土岐謙次助教に作品「鎧ふかたち」を作品展示の中心とし、中田千彦准教授の研究室が東日本大震災以降継続的に進めている宮城県南三陸町戸倉長清水地区での復興支援活動「A Book for Our Future, 311」の一環であもある「ながしずうるし」プロジェクトについて、NEW PEOPLE の建物の3階の特設展示室と屋外のテントブースを使って展示を行っています。
今回の展示企画のために新たにデザインした「ながしずてぬぐい 漆と杜」バージョンのお披露目も行いました。
会期初日である本日7/27(土)は、朝早くから会場に多くの人が集まり、宮城大学の展示にもお寄りいただいています。
今回、サンフランシスコの会場に同行した学生2名(高橋恵佑君、木幡美樹さん)も、英語での展示説明に頑張っていました。
今回の訪米は理事の高山登先生にもご同行いただきました。
明日7/28(日)までの2日間を通じて、多くの方々に宮城大学での学生ならびに教員の活動を見ていただき、こうした機会を国際化へのステップにしていきたいと思います。

屋外展示ブースを次々に訪れてくださる来場者の方々に「ながしずうるし」プロジェクトの内容を学生と教員で説明。東日本大震災への関心はもとより、宮城大学での取り組みに多くの方が強い関心を示して下さいました。プロジェクトの説明をする中田千彦准教授と高橋恵佑君。


屋外展示で発奮する高山登理事、土岐謙次助教、木幡美樹さん。

サンフランシスコのジャパンタウンにある、日本のポップカルチャーを発信する中心的存在である NEW PEOPLE ビル3階、特設会場に展示された土岐謙次助教の作品「鎧ふかたち」は、見る人の目を釘付けにしています。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > 活動 > 教員活動

アーカイブ
メタ情報

ページの上部に戻る