ホーム > 中田千彦研究室

中田千彦研究室のアーカイブ

「ラトビア、融合の建築」展 開催のお知らせ

「ラトビア、融合の建築」展 開催のお知らせです、

以下の展覧会を、宮城大学大和キャンパスブリッジ棟ギャラリーで開催いたします。

ラトビア、融合の建築

○日時
 2017年7月14日(金)~8月9日(水)
 AM10:00~PM7:00、会期中無休、入場無料

○会場
宮城大学大和キャンパス ブリッジ棟ギャラリー

本展覧会では、ラトビア、とりわけ首都であるリガの建築をかたちづくり、そのユニークな建築の携帯の特徴をつくり出したラトビアにおける複合的な背景の一端をご紹介します。
展示コンセプトは、ラトビアの空間美学の神髄を形成する「融合する文化的潮流」。この展示では合理的で論理的な説明を行うのではなく、直感的で知覚的な表現を追っていきます。
展覧会は『a+u(建築と都市: Architecture and Urbanism)』誌、2016年12 月
号No.555「特集:ラトヴィア―建築の表出」の関連企画として本年4月に東京工業大学での開催をスタートとし、京都工芸繊維大学、静岡文化芸術大学での展示を経て宮城大学での展示を行う巡回展となっております。
初夏の心地よい季節に宮城大学キャンパスの散策を兼ねて、ぜひ会場にお越しください。

【主催】 駐日ラトビア共和国大使館
【共催】宮城大学 C-IAM / College of Incubative Art Management (平成29 年度 文化庁大学を活用した文化芸術推進事業)、株式会社エー・アンド・ユー

その他、会場のアクセスなど詳細な情報につきましては宮城大学の公式HPからご覧ください。


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

2017年度デザイン情報学科3年生研究室配属のための 研究室訪問スケジュール調整について。

2017年度デザイン情報学科3年生研究室配属のための

研究室訪問スケジュール調整について。

 

中田との面談を希望される方は、以下の日程の中で希望するスケジュールをメールにてお知らせください。

nakata@myu.ac.jp

 

概ね、面談時間は1時間を目処にして、3名までをグループの人数上限にしたいと思います。

現時点で□は空席、■はアポがすでに入っています。(2017/06/14 8:30現在)

 

6/7(水)

11:00-   ■ □ □  終了

15:00-    □ □ □ 終了

16:00-    □ □ □ 終了

6/9(金)

9:00-     ■ ■ □ 終了

10:00-    □ □ □ 終了

11:00-   ■ □ □ 終了

13:00-   ■ ■  ■ 終了

14:00-   ■ ■  ■ 終了

6/14(水)

10:00-   ■ ■  ■

11:00-   ■ ■  ■

13:00-    □ □ □ チームプロジェクト研究説明会のためキャンセル

6/16(金)

9:00- ■  ■ ■ (追加)

10:00-   ■ ■  ■

11:00-  ■ ■  ◽︎

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

2017 宮城大学空間デザインコース・デザイン情報コース卒業研究・制作展 +大学院事業構想学研究科修士制作展 ー搬入・展示・搬出についてー

2017  宮城大学空間デザインコース・デザイン情報コース卒業研究・制作展

+大学院事業構想学研究科修士制作展 ー搬入・展示・搬出についてー


【お知らせ】2/11更新

・アルミフレームを使用するゼミは14日(火)15時〜16時の間に卒展準備室(旧相模研究室)に取りに来てください。

・下記の内容も数箇所2/11に更新しました。


ー全体スケジュールー

  • 搬入 / 設営:2月17日(金) 9時~19時
  • 公開:2月18日(土) ~20日(月) 10時~19時
  • 搬出準備:2月20日(月) 19時~21時
  • 搬出:2月21日(火) 9時~10時30分
  • 会場:せんだいメディアテーク6階ギャラリーb

※下記時系列にそれぞれの説明や注意点が書かれています。最後までお読みください。


【直前準備】2月16日(木) 13時~17日(金)9時

  • 2/17(金)朝9時までに、作品及びパネルは本部棟1階玄関ホールにおいてください。
  • 模型・パネルは運送業者がトラックで運びますので、作品はダンボールなどでケースを作ってください。3段くらい重ねるので、潰れないような梱包をしてください。
  • 模型には、ゼミ名・名前を書いたラベルを貼ること。(ラベルは事前に各ゼミにデータにて配布済み)

※個人での会場持ち込みは絶対にしないこと。


■【搬入】:2月17日(金) 9時〜19時

  • 模型・パネルは4トラック × 2台で配送します。

 

ー配送係(各ゼミ1名)ー

  • 9:00  大和キャンパス本部棟玄関にて積み込み。学生が積み込み。(ドライバーは運転のみです。)
  • 10:00  トラック出発(せんだいメディアテークへ)

※積込みが終わり次第会場へ向かうこと。

ー受け取り係ー

  • 10:30  トラック到着予定。メディアテーク1階北側搬入口に学生全員集合(2/11更新)
  • トラック到着次第、模型・パネルを6階ギャラリーbへ運ぶ。

ー全員ー

全員で設営。17時までに設営完了。(夕方から照明の設営が入るため。)

19時完全撤収


■【設営】

下記、展示レイアウト図となります。このレイアウトに沿ってゼミごとにレイアウトお願いします。

卒業制作展会場レイアウト案

  • 天井高:4.2m
  • 壁 : 可動パネル(白色、荒め布張り)
  • 床 : フローリング
  • 電源コンセント : 上記レイアウト図赤丸の箇所

■【展示方法】

壁面固定:

  • ・プレゼンボードなどを壁に固定する場合は下記のプラスチックピンや虫ピンを使用すること。
  • 釘打ちや粘着テープの使用は不可。※アルミ製額縁パネル(A1)、ピンは、学科で準備します。

(各ゼミの代表者は必要枚数をまとめて、文末の展示設計班へ連絡。要返却)

※ギャラリーaが使用中のため、ギャラリーaと壁を共有するゼミの学生(平岡研、蒔苗研、物部研)は壁打ち固定が出来ません。(音が出てしまうため。)

壁に付いている上記のアルミ製額縁パネルをピクチャーレールを使って展示、もしくはイーゼルを使用するなどの工夫をお願いします。

(ピクチャーレールに必要なワイヤーは会場で貸し出ししています。)

 

作品の展示什器:

レンタル品:

せんだいメディアテークにあるW1800 × D600 × H700mmの長机を使用しますが、他の展示の兼ね合いがあるため、希望数を確保出来ないかもしれません。その場合は、学科のスタンドを用意します。

他に有料の展示台も借りることが可能です。メディアテーク備品サイトよりご覧ください。希望のものがありましたら1/31までにご連絡ください。ただし、数と予算に限りがありますので希望が叶わない場合もあります。予め了承下さい。(すでに予約は締め切っています。)

 

学科で用意する備品:

下記写真のものは用意しています。スタンドは事前にゼミ内でまとめてください。

junbi

電源が必要な場合:

  • ゼミ毎に定格消費電力量(ワット数)の総量を文末の展示設計班へ連絡してください。
  • Wi-Fiが必要な展示の場合:基本的には自身でポケットWi-Fiなどをご用意ください。

 

用意すると良いもの:

  • メジャー
  • カッター

 


■【注意点】

  • 基本的に両面テープやガムテープなどの備品や施設を汚すものの使用はやめてください。
  • 床に電源ケーブルを固定する場合、上記の床養生用テープを使用。
  • Wi-Fiは使えません。ネットへは有線接続でweb閲覧のみ可能です。ゼミやご自身でポケットWi-Fiをご用意ください。
  • 持ち込みの作品で照明を使用する場合は防火上、電灯をLEDライトにすること。
  • 作品を天井から吊下げる場合、重さに制限があります。説明会の際に末尾のC-IAM 武田まで相談すること。
  • 上記のスタンドに直接模型等を展示することも可能です。必要数を説明会の際に申告すること。

【よくある質問】

Q:作品を吊りたいが可能か?

A:可能です。壁際のピクチャーレール、および壁から50センチほど離れたライトレールを利用して額やパネルなど比較的軽量(ワイヤー1本あたり1kg上限)なものを吊せます。専用のワイヤーはメディアテークに準備されていますので申請不要です。ワイヤーなど吊すための備品は各自で用意して下さい。

 

Q:吊る作品の申請は必要ですか?

A:はい、必要です。おおよその展示状況をあらかじめメディアテークに連絡する必要があります。大がかりな作品を吊る際などの

段取りを確認するためです。

申請の時点で吊るかどうかやや微妙。。な場合は念のため申請しておいて下さい。申請しておいて、設置当日に取りやめることは

可能ですが、その逆が不可能です。

 

Q:ワイヤレスネットワークは使えるか?

A:いいえ、使えません。メディアテークでは有線によるhttp接続のみが提供されていますが、ワイヤレス接続は自前で、もしくはポケットWi-Fiなどをゼミで準備して下さい。


■【搬出準備】:2月20日(月) 19時~21時

展示時間終了後、会場に集合し、各自翌日の搬出に備えて作品の梱包を行うこと。

21日は梱包をする時間はありません。


■【搬 出】:2月21日(火) 9時~10時30分

模型・パネルは、運送業者のトラック(4t車×2台)で運搬します。

ー発送係(撤収)ー

  • 9:00 撤収開始
  • 9:45 メディアテーク搬入口にトラック到着
  • 10:30頃 トラック出発

 

ー受取係(各ゼミ1名)ー

  • 11:30 トラック到着予定。大和キャンパス本部棟玄関前に学生集合。
  • トラックが到着次第、パネルと模型を学生が受け取る。

 

※アルミ製額縁パネル・スタンド、工具類は学科のものですので返却してください。

※模型は、教員からの指示のない限り、各自、持ち帰ってください。

(捨てる場合は、ゴミ袋に入れて、1階サービスヤードへ)


【受付係】

<一般公開時の当番表>

 

<10:00-13:00担当の人>

  • 朝は9時45分頃には会場入り。裏のエレベーターから7階受付へ行き、入館証、数取器(カウンター)、PHS、控室の鍵を受けとる。
  • 展示物の位置がずれていたら整える。ゴミなども無いかチェック。
  • 電気機器の電源を入れる必要があるもは、セッティングする。
  • 受付のテーブ・椅子と看板を入り口に置く。(2/11更新)

<16:00-19:00担当の人>

  • 19時終了後、カウンターで数えた総入場者数を記録用紙に記入。
  • 電機機器の電源を切る。
  • 受付のテーブル・椅子と看板を展示室内に入れる。 (2/11更新)
  • 室内点検(忘れ物などないか)
  • 控室の施錠
  • 入館証、数取器(カウンター)、PHS、控室の鍵を7階受付に返却

 

ー必ずやることー

  • カウンターで入場者数を数える。
  • 記帳、案内図配布
  • パソコン、作品の監視
  • 来場者への対応(フロア案内や、質問など)

※控室は6階の裏手にあります。(貴重品は置かないように)

※来場者の撮影は基本的に禁止としますが、ご両親やご友人などはOKです。(2/11更新)


【問い合わせ先】

  • 展示についての問合せはこちらのアドレスまでご連絡ください。ciam.miyagiuni@gmail.com (担当 武田)
  • 当日の連絡先:土岐先生(080-3324-4634)(2/11更新)

 


 

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

【デザイン情報学科 事業構想学研究科】卒業研究・制作展のお知らせ

「宮城大学 卒展 2017」

空間デザインコース・デザイン情報コース卒業研究・制作展+大学院事業構想学研究科修士制作展のお知らせ。

sotsuten2017

 

2月18日(金)から20日(日)の3日間、事業構想学部デザイン情報学科空間デザインコース・デザイン情報コースの4年生および、事業構想学研究科博士前期課程2年生の作品を展示します。

学修の集大成となる、エネルギー溢れる作品の数々をぜひご覧ください。

18日(土)は学生主催の公開審査会を行います。

 

卒展詳細:

会期:平成29年2月18日(土)~20日(月)

時間:午前10時から午後7時まで

会場:せんだいメディアテーク6階 ギャラリーb

入場料:無料

公開審査:18日(土)10:00〜

ゲストクリティーク:

西澤徹夫(建築家) / 米澤隆(建築家)/ 堀井義博(建築家) /

寺田真理子 (キュレータ)/ 荒木宏介 (デザイナー)/  阿部真理子 / 富沢綾子

 

※デザイン情報学科のコース編成は平成25年度入学生より変更されています。

ポスター制作:デザイン情報学科4年 阿部優理恵

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

『WS#01「畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景」をかたちづくるーその2』追加報告

『WS#01「畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景」をかたちづくるーその2』

本日、11月3日(木・祝)より、せんだいメディアテーク6階にて「畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景」が始まりました。

開催に先立ち『DG#02 「畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景」をかたちづくるーその1』が2016年10月13日(木)19:00から、『WS#01「畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景」をかたちづくるーその2』が2016年10月29日(土)・30日(日)の両日に開催され、宮城大学のC-IAMプログラムの一環として、展覧会を企画し、始めること、実際に展示会場を作っていくことについて学んでいます。登録受講生の皆さんにも多数ご参加いただきました。

展覧会そのものを作っていくプロセスに関わりながら、アートマネジメントにたずさわるといことの基本について見聞を重ねています。
dsc_0539

会場内の長テーブルに、畠山直哉さんが震災以降に撮り続けた写真のコンタクトシート556枚を1枚ずつ並べていきます。貴重な写真作品の展示であることから、取り扱いには細心の注意を払って作業をしていきます。

会場内の長テーブルに、畠山直哉さんが震災以降に撮り続けた写真のコンタクトシート556枚を1枚ずつ並べていきます。貴重な写真作品の展示であることから、取り扱いには細心の注意を払って作業をしていきます。

コンタクトシートの配置については、講師の渡邉武海先生から丁寧なインストイラクションがあり、美術品をどのように扱うかの作法を学んでいます。

コンタクトシートの配置については、講師の渡邉武海先生から丁寧なインストイラクションがあり、美術品をどのように扱うかの作法を学んでいます。

全ての写真を並べるのには、二日間、朝から夕方までかかりました。その間に、他の額装された写真はプロの展示業者さんによって展示が行われていました。作家の畠山さんも会場に入り、展示位置の最終調整やなどを行なっています。

全ての写真を並べるのには、二日間、朝から夕方までかかりました。その間に、他の額装された写真はプロの展示業者さんによって展示が行われていました。作家の畠山さんも会場に入り、展示位置の最終調整やなどを行なっています。

展覧会の情報は以下。
会期:2016年11月3日(木・祝)から2017年1月8日(日)
開場時間:11時から20時
http://www.smt.jp/projects/cloven_landscape/

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

【プログラムレポート02】DG#01 Review and Dialogue for Design 『ing』レビュー

【プログラムレポート02】
DG#01中田研究室・土岐研究室 前期研究発表展『ing』+ Review and Dialogue for Design 『ing』レビュー
開催日時:2016年7月17日13:00〜18:00
開催場所:宮城大学大和キャンパス亀倉ギャラリー

7月17日(日)C-IAMのプログラムの一環として、中田研究室と土岐研究室の前期研究発表のレビューが行われました。
ゲスト講師として、渡邉武海さん(宮城大非常勤講師)、六角美瑠さん(建築家)、富沢綾子さん(宮城大大学院OG)の3名が迎えられ、合計14名の発表者とゲスト講師との積極的な対話が行われました。
メディアデザイン・空間デザインに限らず、他者の発表を自分の研究に置き換えて聞いていると、たくさんのヒントが得られ、大変貴重な時間となりました。
今回のレビューを通して、全員が研究のゴールへの大きな手がかりが見つけられたのではないかと思います。講師の方々から頂いたご意見を無駄にせず、後期に向けて引き続き前進していきたいです。

事業構想学部デザイン情報学科4年
田代公美

 

ing01

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

2016研究室配属に関する面談の日程調整について(1)

デザイン情報学科3年生の皆様

本日(6/6)の説明会でお話をした通り、研究室配属に際して面談を行いたいと思います。
皆さん、授業や活動でお忙しいかと思いますが、以下の日程の中から希望する候補の日時をメールにてお問い合わせください。

6/7(火) 16:00〜17:00
6/7(火) 17:00〜18:00
6/14(火) 16:00〜17:00
6/14(火) 17:00〜18:00
6/14(火) 18:00〜19:00
6/15(水) 16:00〜17:00
6/15(水) 17:00〜18:00
6/16(木) 18:00〜19:00 ←この日は13:00〜17:40頃まで4年のゼミを開催しています。聴講可能です。

以降の日程は改めて追記いたします。
ご連絡は nakata@myu.ac.jp にお願いいたします。

本来であればお一人お一人とじっくり対話をさせていただきたいのですが、皆さんのご都合もあるかと思いますので、一回の面談時間に複数名でお話をお聞きすることになる場合もありますことご容赦ください。
場所は427研究室です。

どうぞよろしくお願いいたします。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

デザイン情報特別講義1・2・3のグラフィック公開

デザイン情報学科の講義科目「デザイン情報特別講義1・2・3」のグラフィックを公開します。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

DECADE +9 完成しました

デザイン情報学科機関誌 DECADE+9 が完成し、納品されました。
宮城大学在学生の皆様には、随時授業の時間などに配布をいたします。
卒業生の方で郵送をご希望の方は nakata@myu.ac.jp (中田まで)ご送付先の住所をお知らせください。

また、宮城大学大和キャンパス(宮城県黒川郡大和町学苑1−1)本部棟1階の総合受付でも配布します。
ご興味のある方はこちらをお訪ねください。
なお、配布時間は総合受付の業務時間内になりますので、ご注意ください。
(現在、配布はしておりません。配布が開始されましたら改めてお知らせいたします。)

今年のテーマは WILL です。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ながしずてぬぐい for Nepal x FIDR 近況報告

2015年秋より、研究室所属の有志学生により、ネパール大地震の被災地の支援として「ながしずてぬぐい for Nepal x FIDR」プロジェクトが進められてきました。

「ながしずてぬぐい」は、宮城大学事業構想学部中田千彦研究室の学生と有志によって、2011年3月11日に発生した東日本大震災被災地である宮城県南三陸町戸倉長清水(ながしず)地域の復興支援活動の一環として展開してきたプロジェクトです。

震災から4年半の時間の経過の中で、ネパール大地震に被災し、倒壊した学校で学んでいた子供たちのための仮校舎建設に尽力されているFIDRに、その活動を支援し、仮校舎の建設費用の一部を寄付することを目的に始めたのが「ながしずてぬぐい for Nepal x FIDR」プロジェクトです。

研究室のメンバーの数人が、大学が主催するベトネム研修に参加した際、現地で少数民族の生活環境改善に取り組んでいりFIDRのメンバーのかたと交流をはじめたことがこのプロジェクトの発端でもあります。

今回、学生たちが「ながしずてぬぐい」シリーズの新たなデザインとしての「ながしずてぬぐい for Nepal x FIDR」を製作し、その売上をネパールでの仮設校舎建設のための寄付金とさせていただくという企画でした。

ながしずてぬぐいfor Nepal × FIDR ネパールの国旗の赤と青を配し、日本とネパールのそれぞれの国の花「桜」と「しゃくなげ」を図案化。その二つのシンボルを青海波で描かれた海がつないだデザインとなっています。

こちらは同じ図案を用い、月の光が波間にきらめく月光バージョンです。

 

 

 

 

 

おかげさまで多くの方にご支援をいただき、2016年3月31日までの間、81,747円の支援金が集まりました。

現時点では、仮校舎建設のための十分な寄付にはまだいたておりませんが、まずは少しでもネパールの復興にお役立ていただけるよう、これまでのご支援の全額を寄付させていただきました。

有志学生によるネパールへの支援活動は今後も継続していきます。

ご興味のある方は是非こちらのフェイスブックページをごらんください。

てぬぐいの解説を記載したリーフットを学生たちが製作している様子。全部てづくりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成し、納品された手ぬぐいを掲げる有志学生たち。中心の男性は今回のてぬぐい製作をお願いした永勘さんのスタッフ。宮城大学の卒業生です。

ながしずてぬぐい for Nepal × FIDR のオリジナルアイコン

追記:
「ながしずてぬぐい for Nepal」プロジェクトは、引き続きNepal大地震で被災した皆さんの支援を行いますが、2016年4月14日より続く熊本地震の被災地の復旧・復興支援にも役立てていきたいと思います。皆様のお力添えをお願いいたします。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > 中田千彦研究室

アーカイブ
メタ情報

ページの上部に戻る