ホーム > 311震災復興関連記事 | 中田千彦研究室 | 海嘯に祈む(かいしょうにのむ)-復興にアートの力をー > 南三陸町戸倉長清水番屋2に新たな造作が完了

南三陸町戸倉長清水番屋2に新たな造作が完了

南三陸町戸倉長清水番屋2に新たな造作が完了しました。
宮城大学中田研究室が地元の皆さんと一緒に建設した番屋2の骨格に、新たな追加工事を行いました。
今後、地域の皆さんの集会、作業の休憩場所として活用されます。
地元の方が自力で作業を進めてくださいましたが、今後は研究室としても更なる手入れを進めて行きたいと思います。

The new additional construction on Bannya 2 in Nagashizu, Tokura, Minamisanriku, has been done by the local volunteer. The work was completed in March, 2013. The Nakata-lab in Miyagi University has been woking on the reconstruction projects aroud this area for many month. This Bannya project is one of yhese priojects done with the local people.
After this additional construction, people are now planning to use this shelter as a place for meeting with people, to have short break during fishing or other jobs around this bay.
Nakata-lab is alos planning to do additional constructions to make this place more comfortable.

番屋2 外観

湾をのぞむ高所に快適な空間がうまれました。

内観 今後、遮光と土間の追加工事を行いたいと考えています。

ホーム > 311震災復興関連記事 | 中田千彦研究室 | 海嘯に祈む(かいしょうにのむ)-復興にアートの力をー > 南三陸町戸倉長清水番屋2に新たな造作が完了

アーカイブ
メタ情報

ページの上部に戻る