ホーム > 311震災復興関連記事 | 中田千彦研究室 | 活動 | 研究室活動 > 長清水番屋のオーナメント贈呈

長清水番屋のオーナメント贈呈

宮城大学有志グループ「デザジズ」のデザイン、制作によるオーナメントの贈呈

2012年6月2日(土)に南三陸町戸倉自然の家で開催されたナガシズ スケープ ワークショップにて、長清水番屋(ゲンスラー小屋)の壁面に取り付けられるオーナメントの贈呈を行いました。
長清水番屋(ゲンスラー小屋)の建設においては、シェルター株式会社様(本社:山形県山形市)からKES工法による木造の構造一式をご提供いただき、無事に水産加工施設としての小屋組を完成させることができました。

そのお力添えへの感謝の気持ちを込め、宮城大学事業構想学部デザイン情報学科の有志学生グループ「デザジズ」がデザイン、制作を行ったオーナメントを長清水番屋(ゲンスラー小屋)の壁面に取り付けることにしました。
この度、そのオーナメントが完成し、長清水契約講の須藤講長様に贈呈をさせていただきました。

長清水の美しい山並み、海、風、そして木をデザインのモチーフとしています。木板をレーザーカッターで削り、風よけのアクリル板を添えています。

この後現地での取り付けを行う予定です。

ホーム > 311震災復興関連記事 | 中田千彦研究室 | 活動 | 研究室活動 > 長清水番屋のオーナメント贈呈

アーカイブ
メタ情報

ページの上部に戻る