ホーム > 中田千彦研究室 > 宮城大学卒業式+PRACTICE 2011-12展の様子

宮城大学卒業式+PRACTICE 2011-12展の様子

本日は宮城大学平成23年度卒業生学位授与式です。
ご卒業の皆様、おめでとうございます。
昨年は、3月11日の東日本大震災発災以降、大学の授業もすぐに始めることが出来ず、新学期は5月の連休明けからというスタートでした。
以降、今年の卒業生達は卒業研究、震災復興支援など、様々な活動に参画しつつ、自身の大学生生活の最終年を充実させてきたことと思います。
そうした経験を積まれた皆さんは、格別の存在として宮城大学を卒業されていきますが、是非この大切な体験を活かして、新しい社会の発展、文明の建設に尽力いただけることをお祈り申し上げます。

また、明日3月12日は昨春に卒業し、震災で卒業式をすることが出来なかった皆さんの「1年遅れの卒業式」です。
多くのすでに卒業後の新しい生活を始められている皆さんが母校である宮城大学に集まってくださるとのこと。
改めてお祝いの言葉をかけてあげたいと思います。

「卒業式」「1年遅れの卒業式」のタイミングに合わせ、本学大和キャンパス亀倉ギャラリーを中心に開催している「PRACTICE 2011-12」展の様子。「ながしずてぬぐい 春」も展示されています。

ホーム > 中田千彦研究室 > 宮城大学卒業式+PRACTICE 2011-12展の様子

アーカイブ
メタ情報

ページの上部に戻る