ホーム > デ情演習A > デ情演習A:インタラクション課題講評

デ情演習A:インタラクション課題講評

うさぎ

1月31日に、デザイン情報演習Aの最終課題(lilypad-arduinoPdを使ったインタラクションデザイン)の講評会が行われました。物理的な配線を伴う制作には教員側が思っていた以上に苦労していましたが、できあがったものやアイデアもこれまた予想を超えるものでした!詳細はまたいずれアップします。写真はJ班の作品で、てぶくろをはめた両手の組み合わせでいろいろな動物の形を作るのですが(影絵のように)、そのときの手の組み合わせをlilypadでセンスして(てぶくろに銀紙が見えますね。奥にある丸い基盤がlilypad)その動物に対応した鳴き声をならす、というアイデア。これを使って人形劇を上演したら楽しそうですね!

ホーム > デ情演習A > デ情演習A:インタラクション課題講評

アーカイブ
メタ情報

ページの上部に戻る