ホーム > C-IAM | 告知 > 014 LC#04 アートフルとアートレス・20世紀型ミュージアムを超えて

014 LC#04 アートフルとアートレス・20世紀型ミュージアムを超えて

  • 投稿者: 中田 千彦
  • 2016年11月29日 07:40
  • C-IAM | 告知

014 LC#04 「アートフルとアートレス・20世紀型ミュージアムを超えて」のご案内です。(以前の予告よりタイトルが変更されております。)

講師:大嶋貴明(宮城県美術館 研究員)
日時:2016年12月15日(木) 18:30-
場所:宮城大学 総合芸術系研究室
概要:LC#03に引き続き、「アート」「美術」を紋切り型でとらえないために何を承知しておくべきかを学びます。近代で成立したこと、「美術」概念の成立、世界観、個人と社会の関係、ファインアート/デコラティブアートについて、芸術としての芸術/応用芸術について、制度としての美術/本能としての美術について、制度を侵犯する-とりこまれ・説明される美術とは、最終消費財としての「美術」、近代の変質、スーパーモダン/ポストモダン 象徴秩序の崩壊、資本主義リアリズム、かわいい・クール、役にたたないものとしての「美術」など、多岐にわたる話題の中から、時間の許す限りご講義いただきます。

受講を希望する登録受講生の方は、当日直接教室にお越しください。

ホーム > C-IAM | 告知 > 014 LC#04 アートフルとアートレス・20世紀型ミュージアムを超えて

アーカイブ
メタ情報

ページの上部に戻る