ホーム > 311震災復興関連記事 | 中田千彦研究室 | 海嘯に祈む(かいしょうにのむ)-復興にアートの力をー > 「海嘯に祈む」展示会場の現況

「海嘯に祈む」展示会場の現況

「海嘯に祈む」展示会場(大和キャンパスブリッジ棟2階ギャラリー)の現況

ギャラリー壁面A ブリッジ通路から入って左側

壁面Aには扉があり、中は簡易の水場が備え付けてあります。扉から右手の壁面の幅は5.5メートルになります。
展示有効幅は4.5メートルです。

ギャラリー壁面B ブリッジ通路から入って正面

壁面Bの幅は10.9メートルになります。
展示有効幅は10メートルです。

ギャラリー壁面C ブリッジ通路から入って右側

壁面Cには天井熱線暖房の操作機器ががあります。機器の左手は幅1.4メートルの展示可能範囲があります。また機器の右手には途中サーモスタットが突出していますが、幅は6.3メートル、有効展示は幅は5.3メートルです。

会場の天井高は2.5メートルです。

ギャラリー内部からブリッジ2階の通路を見る

ブリッジによって本部等2階と交流棟2階が繋がっており、画面左手が本部棟、右手が交流棟になります。
写真中央の柱のちょうど裏側に、外部から直接アクセス可能な階段への扉と踊り場があります。

ホーム > 311震災復興関連記事 | 中田千彦研究室 | 海嘯に祈む(かいしょうにのむ)-復興にアートの力をー > 「海嘯に祈む」展示会場の現況

アーカイブ
メタ情報

ページの上部に戻る