ホーム > 告知 | 映画 > ポルトガル映画祭

ポルトガル映画祭

  • 投稿者: 茅原 拓朗
  • 2011年2月5日 00:52
  • 告知 | 映画

明日2月5日から、仙台メディアテークでポルトガル映画祭が始まる。ポルトガルと日本の修好通商条約150年を記念して昨年から全国を巡回している特集で、秀作揃いと評判も高くずっと楽しみにしていた。それだけに限られた時間でどれを見るかの選択に迫られていて、これはいっかというものは一本もないのだが、テレーザ・ヴィラヴェルデの『トランス』、ミゲル・ゴメスの『私たちの好きな八月』、そして当時のポルトガルはどんなだったろう?という民俗学的な興味もあってマノエル・デ・オリヴェイラの『アニキ・ボボ』(「警察と泥棒」という遊びの名前だそうなのだが、それってドロケイ?)だけでもなんとかならないかと苦慮しているところである。学生だったらなぁ・・それにしても巨匠オリヴェイラのレトロスペクティブを軸としつつもこれらはまさに映像表現の一方の(というのは私たちのまわりのyoutubeやらケータイ小説的なものに対して)「現在」なのであり、オリヴェイラを生み、そしてペドロ・コスタを生んでなお尽きないポルトガルの映画的土壌の養分はいったいどのように醸成されてきたのだろうか?本当に不思議である。

コメント(閉):2

平岡 善浩 2011年2月5日

これは観たい!..こちらも1月はボストン美術館でイラン映画フェスティバルがあり、7本(!)観てきました__m(_ _)m__小津―キアロスタミ系の作品もあったのですが、イラン映画の幅広さと奥深さを思い知りました。イラン革命後まさに“country of contradictions”の状況を政治的宗教的プレッシャーの中で表現しているようでした。なかでも素晴らしかった“The White Meadows”の監督・脚本のMohammad Rasoulf と、Editer の Jafar Panahi は、昨年12月イラン裁判所から6年の禁錮と20年の制作活動および反体制活動の禁止を言い渡されています。チュニジア、エジプトの「その後」についてもちょっと心配です。とりあえず、帰ったら小津作品とキアロスタミの『贋作』を観たいなと。

茅原 拓朗 2011年2月8日

イラン映画、うらやましく思っておりました(^^)/。ポルトガル映画特集は想像を遙かに超えてすばらしかったです。ポルトガルも70年代まで「ファシスト」政権だったりという背景があるので、つい、プレッシャーやcontradictionsが映画的土壌の条件なのか?と思いたくなってしまいますね。しかしエジプトの状況をここで言及されたのは暗示的な気がいたします。といいますのも、ヘゲモニーは明らかに別の段階にシフトしつつあり、ポルトガル特集の映画を見ながらふと、日本もこういう映画が「撮れる」ようになるかもしれない、なんてことを思わざるを得なかったからです。
『贋作』は、ちょうどお帰りになるころ、フォーラムでかかっていると思います。久しぶりの新作なので楽しみですね(イタリアの陽光のもとでのビノシュも)。小津とキアロスタミを同時に見るというのは教育的にも是非やりたいですが、僕的には小津を集中的に見て「なんだか気持ちがわるくなる会」というのを是非やりたいですw

ホーム > 告知 | 映画 > ポルトガル映画祭

アーカイブ
メタ情報

ページの上部に戻る