ホーム

デザイン情報コース – MYU

2017 宮城大学空間デザインコース・デザイン情報コース卒業研究・制作展 +大学院事業構想学研究科修士制作展 ー搬入・展示・搬出についてー

2017  宮城大学空間デザインコース・デザイン情報コース卒業研究・制作展

+大学院事業構想学研究科修士制作展 ー搬入・展示・搬出についてー


【お知らせ】2/11更新

・アルミフレームを使用するゼミは14日(火)15時〜16時の間に卒展準備室(旧相模研究室)に取りに来てください。

・下記の内容も数箇所2/11に更新しました。


ー全体スケジュールー

  • 搬入 / 設営:2月17日(金) 9時~19時
  • 公開:2月18日(土) ~20日(月) 10時~19時
  • 搬出準備:2月20日(月) 19時~21時
  • 搬出:2月21日(火) 9時~10時30分
  • 会場:せんだいメディアテーク6階ギャラリーb

※下記時系列にそれぞれの説明や注意点が書かれています。最後までお読みください。


【直前準備】2月16日(木) 13時~17日(金)9時

  • 2/17(金)朝9時までに、作品及びパネルは本部棟1階玄関ホールにおいてください。
  • 模型・パネルは運送業者がトラックで運びますので、作品はダンボールなどでケースを作ってください。3段くらい重ねるので、潰れないような梱包をしてください。
  • 模型には、ゼミ名・名前を書いたラベルを貼ること。(ラベルは事前に各ゼミにデータにて配布済み)

※個人での会場持ち込みは絶対にしないこと。


■【搬入】:2月17日(金) 9時〜19時

  • 模型・パネルは4トラック × 2台で配送します。

 

ー配送係(各ゼミ1名)ー

  • 9:00  大和キャンパス本部棟玄関にて積み込み。学生が積み込み。(ドライバーは運転のみです。)
  • 10:00  トラック出発(せんだいメディアテークへ)

※積込みが終わり次第会場へ向かうこと。

ー受け取り係ー

  • 10:30  トラック到着予定。メディアテーク1階北側搬入口に学生全員集合(2/11更新)
  • トラック到着次第、模型・パネルを6階ギャラリーbへ運ぶ。

ー全員ー

全員で設営。17時までに設営完了。(夕方から照明の設営が入るため。)

19時完全撤収


■【設営】

下記、展示レイアウト図となります。このレイアウトに沿ってゼミごとにレイアウトお願いします。

卒業制作展会場レイアウト案

  • 天井高:4.2m
  • 壁 : 可動パネル(白色、荒め布張り)
  • 床 : フローリング
  • 電源コンセント : 上記レイアウト図赤丸の箇所

■【展示方法】

壁面固定:

  • ・プレゼンボードなどを壁に固定する場合は下記のプラスチックピンや虫ピンを使用すること。
  • 釘打ちや粘着テープの使用は不可。※アルミ製額縁パネル(A1)、ピンは、学科で準備します。

(各ゼミの代表者は必要枚数をまとめて、文末の展示設計班へ連絡。要返却)

※ギャラリーaが使用中のため、ギャラリーaと壁を共有するゼミの学生(平岡研、蒔苗研、物部研)は壁打ち固定が出来ません。(音が出てしまうため。)

壁に付いている上記のアルミ製額縁パネルをピクチャーレールを使って展示、もしくはイーゼルを使用するなどの工夫をお願いします。

(ピクチャーレールに必要なワイヤーは会場で貸し出ししています。)

 

作品の展示什器:

レンタル品:

せんだいメディアテークにあるW1800 × D600 × H700mmの長机を使用しますが、他の展示の兼ね合いがあるため、希望数を確保出来ないかもしれません。その場合は、学科のスタンドを用意します。

他に有料の展示台も借りることが可能です。メディアテーク備品サイトよりご覧ください。希望のものがありましたら1/31までにご連絡ください。ただし、数と予算に限りがありますので希望が叶わない場合もあります。予め了承下さい。(すでに予約は締め切っています。)

 

学科で用意する備品:

下記写真のものは用意しています。スタンドは事前にゼミ内でまとめてください。

junbi

電源が必要な場合:

  • ゼミ毎に定格消費電力量(ワット数)の総量を文末の展示設計班へ連絡してください。
  • Wi-Fiが必要な展示の場合:基本的には自身でポケットWi-Fiなどをご用意ください。

 

用意すると良いもの:

  • メジャー
  • カッター

 


■【注意点】

  • 基本的に両面テープやガムテープなどの備品や施設を汚すものの使用はやめてください。
  • 床に電源ケーブルを固定する場合、上記の床養生用テープを使用。
  • Wi-Fiは使えません。ネットへは有線接続でweb閲覧のみ可能です。ゼミやご自身でポケットWi-Fiをご用意ください。
  • 持ち込みの作品で照明を使用する場合は防火上、電灯をLEDライトにすること。
  • 作品を天井から吊下げる場合、重さに制限があります。説明会の際に末尾のC-IAM 武田まで相談すること。
  • 上記のスタンドに直接模型等を展示することも可能です。必要数を説明会の際に申告すること。

【よくある質問】

Q:作品を吊りたいが可能か?

A:可能です。壁際のピクチャーレール、および壁から50センチほど離れたライトレールを利用して額やパネルなど比較的軽量(ワイヤー1本あたり1kg上限)なものを吊せます。専用のワイヤーはメディアテークに準備されていますので申請不要です。ワイヤーなど吊すための備品は各自で用意して下さい。

 

Q:吊る作品の申請は必要ですか?

A:はい、必要です。おおよその展示状況をあらかじめメディアテークに連絡する必要があります。大がかりな作品を吊る際などの

段取りを確認するためです。

申請の時点で吊るかどうかやや微妙。。な場合は念のため申請しておいて下さい。申請しておいて、設置当日に取りやめることは

可能ですが、その逆が不可能です。

 

Q:ワイヤレスネットワークは使えるか?

A:いいえ、使えません。メディアテークでは有線によるhttp接続のみが提供されていますが、ワイヤレス接続は自前で、もしくはポケットWi-Fiなどをゼミで準備して下さい。


■【搬出準備】:2月20日(月) 19時~21時

展示時間終了後、会場に集合し、各自翌日の搬出に備えて作品の梱包を行うこと。

21日は梱包をする時間はありません。


■【搬 出】:2月21日(火) 9時~10時30分

模型・パネルは、運送業者のトラック(4t車×2台)で運搬します。

ー発送係(撤収)ー

  • 9:00 撤収開始
  • 9:45 メディアテーク搬入口にトラック到着
  • 10:30頃 トラック出発

 

ー受取係(各ゼミ1名)ー

  • 11:30 トラック到着予定。大和キャンパス本部棟玄関前に学生集合。
  • トラックが到着次第、パネルと模型を学生が受け取る。

 

※アルミ製額縁パネル・スタンド、工具類は学科のものですので返却してください。

※模型は、教員からの指示のない限り、各自、持ち帰ってください。

(捨てる場合は、ゴミ袋に入れて、1階サービスヤードへ)


【受付係】

<一般公開時の当番表>

 

<10:00-13:00担当の人>

  • 朝は9時45分頃には会場入り。裏のエレベーターから7階受付へ行き、入館証、数取器(カウンター)、PHS、控室の鍵を受けとる。
  • 展示物の位置がずれていたら整える。ゴミなども無いかチェック。
  • 電気機器の電源を入れる必要があるもは、セッティングする。
  • 受付のテーブ・椅子と看板を入り口に置く。(2/11更新)

<16:00-19:00担当の人>

  • 19時終了後、カウンターで数えた総入場者数を記録用紙に記入。
  • 電機機器の電源を切る。
  • 受付のテーブル・椅子と看板を展示室内に入れる。 (2/11更新)
  • 室内点検(忘れ物などないか)
  • 控室の施錠
  • 入館証、数取器(カウンター)、PHS、控室の鍵を7階受付に返却

 

ー必ずやることー

  • カウンターで入場者数を数える。
  • 記帳、案内図配布
  • パソコン、作品の監視
  • 来場者への対応(フロア案内や、質問など)

※控室は6階の裏手にあります。(貴重品は置かないように)

※来場者の撮影は基本的に禁止としますが、ご両親やご友人などはOKです。(2/11更新)


【問い合わせ先】

  • 展示についての問合せはこちらのアドレスまでご連絡ください。ciam.miyagiuni@gmail.com (担当 武田)
  • 当日の連絡先:土岐先生(080-3324-4634)(2/11更新)

 


 

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

【デザイン情報学科 事業構想学研究科】卒業研究・制作展のお知らせ

「宮城大学 卒展 2017」

空間デザインコース・デザイン情報コース卒業研究・制作展+大学院事業構想学研究科修士制作展のお知らせ。

sotsuten2017

 

2月18日(金)から20日(日)の3日間、事業構想学部デザイン情報学科空間デザインコース・デザイン情報コースの4年生および、事業構想学研究科博士前期課程2年生の作品を展示します。

学修の集大成となる、エネルギー溢れる作品の数々をぜひご覧ください。

18日(土)は学生主催の公開審査会を行います。

 

卒展詳細:

会期:平成29年2月18日(土)~20日(月)

時間:午前10時から午後7時まで

会場:せんだいメディアテーク6階 ギャラリーb

入場料:無料

公開審査:18日(土)10:00〜

ゲストクリティーク:

西澤徹夫(建築家) / 米澤隆(建築家)/ 堀井義博(建築家) /

寺田真理子 (キュレータ)/ 荒木宏介 (デザイナー)/  阿部真理子 / 富沢綾子

 

※デザイン情報学科のコース編成は平成25年度入学生より変更されています。

ポスター制作:デザイン情報学科4年 阿部優理恵

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

WS#05 2016年度宮城大学空間デザインコース・メディアデザインコース卒業制作展をつくるーその3 開講のお知らせ

  • 投稿者: 中田 千彦
  • 2017年1月24日 11:16
  • C-IAM

登録受講生の皆様

WS#05 2016年度宮城大学空間デザインコース・メディアデザインコース卒業制作展をつくるーその3 のお知らせです。

講師:中田千彦(建築家、宮城大学教授)、土岐謙次(漆芸家、宮城大学准教授)、渡邉武海(デザイナー)

日時:2017年1月26日(木)18:30-

場所:宮城大学 総合芸術系研究室1

概要:2月18日よりせんだいメディアテークにて開催される卒業制作展に関し、告知媒体のデザインや展示計画、サイン計画など、展覧会で必要な作法を実際の展示を前提としてつくりあげていく、実践的なプログラムです。今回は前2回のWSに引き続き、「展示設計班」「広報・ビジュアル班」「運営・イベント班」の各班が検討した内容を共有し、より具体的な組み立てを行っていきます。

なお、今回のプログラムは、宮城大学での卒業研究発表会である展示構成や企画運営が中心となりますが、前回参加された方以外の登録受講生の方でもプログラムにはご参加いただけますので、是非お越しください。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

018 DG#06 「畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景」をかたちづくるーその4 開講のお知らせ

  • 投稿者: 中田 千彦
  • 2017年1月19日 18:39
  • C-IAM | 告知

018 DG#06 「畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景」をかたちづくるーその4 開講のお知らせです。
講師:清水有(せんだいメディアテークキュレーター)
日時:2017年1月20日(金)18:30-20:00
場所:宮城大学 総合芸術系研究室1
概要:
会期の終了した「畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景」の内容や会期中の様子などを振り返り、
公共施設のギャラリー空間で開催する展覧会の企画や運営などについて総括する対話形式のプログラムです。
これまでに開催した同テーマの3回の講座を締めくくる回になります。
http://www.smt.jp/projects/cloven_landscape/
受講希望者は開講日時に総合芸術系研究室1にお越しください。
皆様のご参加お待ちしております。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

「016 WS#03 2016年度宮城大学空間デザインコース・メディアデザインコース卒業制作展をつくる」の第二回のプログラム開催のお知らせ

  • 投稿者: 中田 千彦
  • 2017年1月10日 08:18
  • C-IAM | 告知

C-IAM受講生の皆様

新年あけましておめでとうございます。
2016年度の文化庁事業として実施して参りましたC-IAMのプログラムに起きまして、多々お力添えをいただきありがとうございました。
今年も年度末まで、引き続きアートマネジメント従事者育成のためのプログラムを展開して参ります。
どうぞよろしくお願いいたします。

昨年末にスタートしました「016 WS#03 2016年度宮城大学空間デザインコース・メディアデザインコース卒業制作展をつくる」の第二回のプログラムを開催いたします。

第一回では、参加された受講生の皆さんを中心に、プログラムの内容に応じたタスクの設定などを行いました。

プログラムの内容は以下の通りです。
第一回では、展示企画運営のタスクを列記し、その内容に応じたメンバーのグループ分けを行いました。
また、各グループ(班)の班長さんを決めさせていただき、グループ(班)ごとの作業内容の確認と、今回までにご準備いただく内容を整理しました。
それぞれのグループ(班)参加者の皆さんは、各自準備のほどよろしくお願いいたします。

なお、今回のプログラムは、宮城大学での卒業研究発表会である展示構成や企画運営は中心となりますが、前回参加された方以外の登録受講生の方でもプログラムにはご参加いただけますので、是非お越しください。

第2回WS
開催日時:1月12日(木)18:30〜20:00 
場所:総合芸術系研究室

A.展示設計班
議題;
1.今回の会場レイアウト案の検討
準備物;
・「各研究室あたり、もしくは一人あたりどれくらいの面積の展示を行うか」を検討したもの
・(可能であれば)具体的な会場レイアウト案

B.広報・ビジュアル班
議題:
1.ポスター及びDMの詰め
2.告知スケジュール(印刷工程含む)
3.配布計画
4.サインやキャプションに関するディスカッション
準備物;
・ブラッシュアップしたポスター案
・DM案

C.運営・イベント班
議題:
1.作業項目洗い出し
2.会期中の運営方針のディスカッション
3.自主レビューに関するディスカッション
準備物;
・(もしあれば)昨年度の、設営や会期運営に関する資料
・自主レビューの会場配布リーフレット など

中田千彦
宮城大学 C-IAM
プログラムディレクター
ciam.miyagiuni@gmail.com

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

016 WS#03 2016年度宮城大学空間デザインコース・メディアデザインコース卒業制作展をつくる のお知らせ

  • 投稿者: 中田 千彦
  • 2016年12月16日 17:33
  • C-IAM | 告知

016 WS#03 2016年度宮城大学空間デザインコース・メディアデザインコース卒業制作展をつくる

講師:中田千彦(建築家、宮城大学教授)、土岐謙次(漆芸家、宮城大学准教授)、渡邉武海(デザイナー)

日時:初回/2016年12月22日(木)18:00-20:30 ※以後数回開講

場所:宮城大学 総合芸術系研究室1

概要:宮城大学空間デザインコース・メディアデザインコースの展覧会が毎年度末の2月にせんだいメディアテークにて開催されます。今年度は、この展示の企画段階から宮城大学でデザインを学ぶ学部生、C-IAM登録受講生を中心としたメンバーで立案、デザイン、実施をしていきます。C-IAMの講座では、主に告知媒体のデザインや展示計画、サイン計画などの組み立てを行います。展覧会で必要な作法を実際の展示を前提として学ぶ実践的なプログラムです。
WSは12月22日の講座を初回とし、1月・2月に複数回開催します。継続して参加可能な方が受講対象となります。

なお、C-IAMプログラムとしては、宮城大学内の活動である卒業制作展を題材とした、アートマネジメント従事者育成の為のプログラムという位置付けで、学外の方のご参加も歓迎いたしますが、ところにより大学の授業運営の規定に則って実施を行うこともございます。多少の制限が発生する場合もございますので、その点ご承知いただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

015 LC#05 アーカイブと美術、そして空間について 開講のお知らせ

  • 投稿者: 中田 千彦
  • 2016年12月12日 14:38
  • C-IAM | 告知

015 LC#05 アーカイブと美術、そして空間について 開講のお知らせです。

015 LC#05 アーカイブと美術、そして空間について

講師:西澤徹夫(建築家、東京藝術大学講師)

日時:2016年12月19日(月)18時30分〜

場所:宮城大学 大和キャンパス 総合芸術系研究室1

概要:青森県立美術館を摂家した青木淳氏のもとで建築現場を管理し、今もっとも注目されている美術館の空間が成立していく過程をくまなく体験した西澤氏は、ご自身も都内の近代美術館のリニューアルデザインを手がけ、モダンアートの新たな展示の切り口を開拓する設計の第一人者です。西澤氏の考えるアーカイブとは何か、そして美術と空間についてご講義をいただくプログラムです。

なお、同日の16時10分より、宮城大学の空間デザインコース専門科目の授業「空間デザイン」でも、西澤先生にレクチャーをしていただきます。
「空間デザイン」の授業では主に建築設計のお話、C-IAMプログラムではアートと空間の関わりについてお話をしていただく予定です。

興味のある方はこちらもご聴講ください。

講師:西澤徹夫(建築家、東京藝術大学講師)

日時:2016年12月19日(月)16時10分〜

場所:宮城大学 大和キャンパス4階 401講義室

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

008 DG#04 「畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景」をかたちづくるーその3

  • 投稿者: 中田 千彦
  • 2016年12月4日 22:43
  • C-IAM | 告知

008 DG#04 「畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景」をかたちづくるーその3

講師:清水有(せんだいメディアテークキュレーター)
日時:2016年12月9日(金)19:00-

場所:せんだいメディアテーク
※今回の会場は展覧会会場現地となりますのでご注意ください。

概要:
これまで開催したDG「畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景」をかたちづくるーその1」ならびに、実際に展示設営作業を行ったWS「同、ーその2」を受け、今回は会期中の展覧会場を実際に訪ね、準備から実現を振り返るとともに実際の展示空間で何が起きているかを検証するプログラムです。前半は清水有氏に会場ならびに展示作品を直接ご紹介いただくギャラリーツアー、後半はダイアログ形式で議論を行います。

受講希望者は開講日時にせんだいメディアテーク6Fホワイエに直接お越しください。

皆様のご参加をお待ちしております。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

011 SP#01 「デザイン・環境・空間のことを考える映画会」開催報告

  • 投稿者: 中田 千彦
  • 2016年11月29日 08:16
  • C-IAM | 告知

011 SP#01 「デザイン・環境・空間のことを考える映画会」開催報告

2016年11月28日(月)011 SP#01 「デザイン・環境・空間のことを考える映画会」が宮城大学大和キャンパス本部棟2階多目的室にて開催されました。
上映された作品は以下の二本です。

16:10 〜  ふたりのイームズ 84分
18:00 〜  もしも建物が話せたら 165分

本上映会は、C-IAM登録受講生、宮城大学空間デザインコースで「空間デザイン」を履修する学生を対象に、アートマネジメントを学ぶプログラムの一環として企画されました。建築を含む多様なデザインがどのように生まれ、どのように表現されるかを題材とした、近年話題になった二本の映画を上映しました。

両作品共、デザインを学び、実践し、それを伝え共有するという立場の人たちにとって、大変示唆に富む内容でした。

diie2564

img_5960

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

014 LC#04 アートフルとアートレス・20世紀型ミュージアムを超えて

014 LC#04 「アートフルとアートレス・20世紀型ミュージアムを超えて」のご案内です。(以前の予告よりタイトルが変更されております。)

講師:大嶋貴明(宮城県美術館 研究員)
日時:2016年12月15日(木) 18:30-
場所:宮城大学 総合芸術系研究室
概要:LC#03に引き続き、「アート」「美術」を紋切り型でとらえないために何を承知しておくべきかを学びます。近代で成立したこと、「美術」概念の成立、世界観、個人と社会の関係、ファインアート/デコラティブアートについて、芸術としての芸術/応用芸術について、制度としての美術/本能としての美術について、制度を侵犯する-とりこまれ・説明される美術とは、最終消費財としての「美術」、近代の変質、スーパーモダン/ポストモダン 象徴秩序の崩壊、資本主義リアリズム、かわいい・クール、役にたたないものとしての「美術」など、多岐にわたる話題の中から、時間の許す限りご講義いただきます。

受講を希望する登録受講生の方は、当日直接教室にお越しください。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム

アーカイブ
メタ情報

ページの上部に戻る