ホーム

デザイン情報コース – MYU

C-IAM プログラム DG #01 Review and Dialogue for Design 『ing』レビュー 開催

  • 投稿者: 中田 千彦
  • 2016年7月20日 12:54
  • C-IAM

C-IAM プログラム DG #01 Review and Dialogue for Design 『ing』レビュー が開催されました

日時 2016年7/17(日)13:00~17:40
場所 宮城大学大和キャンパス ブリッジ棟2階ギャラリー(通称 亀倉ギャラリー)

C-IAMプログラムであるDG #01 Review and Dialogue for Design 『ing』レビューには多くの受講生が参加し、白熱した対話(ダイアログ)が展開されました。
レビュアーである講師の先生方と、出展者である受講生とのやりとりは大変有意義で、それをかたわらで聞く他の受講生のみなさんにとっても、貴重な学習の場となりました。
ただ、聞き流すのではなく、その場の主題が何か、どのような話題に沿って当事者が議論をしているのか、そして他者としてそのやりとりを理解し、自身の創造性に結びつけていくのかが大変重要です。

今後もこうした対話(ダイアログ)の現場を多く設けながら、受講生個々人の活動に結びつけることができる貴重な知見を共有する機会を用意していきたいと思います。

次回以降のプログラムにも是非積極的にご参加ください。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

DG #01 EB #02 宮城大学デザイン情報学科中田研究室・土岐研究室4年生による前期研究発表展『ing』を開催

  • 投稿者: 中田 千彦
  • 2016年7月16日 14:07
  • C-IAM

宮城大学デザイン情報学科中田研究室・土岐研究室4年生による前期研究発表展『ing』を開催します。また初日には、学外からクリティックをお招きし、14名の学生が発表を行うReview and Dialogue for Design 『ing』レビューを行います。
——————————————————-
中田研究室・土岐研究室 前期研究発表展 『ing』
日時 2016.7.17(日)~2016.8.8(月)9:00~18:00
   ※土曜日、日曜日、7/19、7/20は閉場日です。
   なお、7/18のオープンキャンパス開催日は開場します。
場所 宮城大学大和キャンパス ブリッジ棟2階ギャラリー(通称 亀倉ギャラリー)
——————————————————-
Review and Dialogue for Design 『ing』レビュー
日時 7/17(日)13:00~17:40
場所 宮城大学大和キャンパス ブリッジ棟2階ギャラリー(通称 亀倉ギャラリー)
——————————————————-
それぞれの受講生が卒業研究のテーマを追い、積み重ねてきた4年前期の研究の成果と、卒業制作に向けた展望を発表します。

本プログラムは宮城大学学生受講生の有志が中心となって準備を進め、展示などの事前の作業を進めておりますが、明日より始まりますDG(ダイアログ)、EB(エキシビション)には受講生の皆さまにもご参加いただけますので、是非お越しください。事前の参加登録は不要です。

C-IAM / College of Incubative Art Management の各プログラムへの積極的になご参加をお待ちしております。
同時開催 EB #01 ピーター マルコ ポスター展 (展示会場が交流棟1階ホールとなっております。)

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

C-IAM / College of Incubative Art Management 開講ガイダンスを開催

  • 投稿者: 中田 千彦
  • 2016年7月8日 16:31
  • C-IAM | 告知

C-IAM / College of Incubative Art Management 開講ガイダンスを7月8日(木)に開催しました

2016年度文化庁補助事業、C-IAM / College of Incubative Art Management の開講に際し、宮城大学大和キャンパス交流棟1階、総合芸術系研究室にて開催した開講ガイダンスに34名の受講希望者と講師3名が参加しました。

今後、受講者とともに、様々な活動を展開していきたいと思います。

ガイダンス当日に出席ができなかった方は資料をご確認いただき、受講生登録をお願いいたします。
締め切りは7月29日(金)427研究室前の封筒にいれてください。

または以下の情報をnakata@myu.ac.jpまでメールにてお知らせください。(メールタイトルを「C-IAM受講登録」としてご送信ください。)

1、氏名 ふりがな
2、学科・学年 学生でない方はご職業・所属等をご記入ください)
3、学籍番号
4、連絡用メールアドレス
5、電話番号

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

C-IAM キックオフプログラム ピーター マルコ氏 ポスター展+レクチャー開催

  • 投稿者: 中田 千彦
  • 2016年6月29日 23:15
  • C-IAM | 告知

ポスター展に展示されている代表作「OLLIE OCEANS」にサインをするピーター マルコ氏

C-IAM : College of Incubatibe Art Managment のキックオフプログラム, ピーターマルコ氏 ポスター展が2/28より,宮城大学大和キャンパスにて開催されています.
ポスター展の初日にはピータマルコ氏が来学し、ポスター展の会場にてご自身の作品に一枚一枚サインをされました.

ポスター展の会場を設営したC-IAM受講者の学生たちと記念写真

記念講演会では,本学の西垣克学長にマルコ氏直筆のペンティングを贈呈.
C-IAMキックオフプログラムとして,記念すべきイベントとなりました.

ブリッジ棟2回ギャラリーのポスター展会場の様子

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

C-IAM プログラム LC+EB  ピーター マルコ氏 レクチャー+ポスター展 開催のお知らせ

  • 投稿者: 中田 千彦
  • 2016年6月28日 08:14
  • C-IAM | 告知

文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」平成28年度事業, 「C-IAM : College of Incubative Art Management 地域に根ざし, 地域に貢献するアートマネジメント従事者養成講座 」が開講を記念し,C-IAMのキックオフとして6/28の環境表現技術の授業の中で ニューヨークで活躍するポップアーティスト, ピーター・マルコ氏の講演会を行います。

レクチャー
2016 年6月28日(火)10:30〜12:00
宮城大学大和キャンパス本部棟2階大講義室
対象: 宮城大学学生※デザイン情報学科科目「環境表現技術」の授業内で開催します。受講生以外の方の聴講も可能です。一般の聴講生の方は入口にてゲストリストにご記入をお願いいたします。

PETER MARCO氏プロフィール
1967年ニューヨーク生まれ。 1989年、ニューヨークにて創作活動を開始。 ニューヨーク市庁舎をはじめ、マンハッタンの街角やショップに描い たMURAL(壁画)が注目され、若者からの圧倒的な人気を集める。 1992年(~2005年)、ローワーイーストサイドに MARCOARTギャラリー &ショップをオープン。この頃には、伝統的なポップアートに独創的なタッ チを融合させた作風で、新たなスタイルを確立。

デザイン情報学科講義科目「環境表現技術」受講生以外の方の聴講も可能です.

また、学内にてポスター展も開催いたします。6/28(火)〜7/29(金)
会期中, 会場の変更がございますのでご留意ください.

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

C-IAM : College of Incubative Art Management 地域に根ざし, 地域に貢献するアートマネジメント従事者養成講座 開講のお知らせ

本日より宮城大学にて「C-IAM : College of Incubative Art Management 地域に根ざし, 地域に貢献するアートマネジメント従事者養成講座 」が開講します.

本講座は文化庁によります「大学を活用した文化芸術推進事業」平成28年度事業として宮城大学が主催し, 県内外のクリエイター, 美術館キュレーター, アーティスト, エディターなどを招き, 地域に根ざし, 地域に貢献するアートマネジメント従事者を養成する講座として展開する新たな教育プログラムです.

本講座は主にDIALOGUE(ダイアローグ)/ LECTURE(レクチャー)/ WORKSHOP(ワークショップ)/ EXHIBITION(エキシビション)の4つのプログラムで構成されています.
様々なプログラムを通じて, 地域で活躍し, 芸術の受け手のニーズをくみ上げながら, 魅力的な展示を企画, 実施するための能力を備え, 文化芸術に関する幅広い知識と,芸術の価値を地域や行政にわかりやすく説明する力を習得した人材の育成にとりくみます.
宮城大学はアートマネジメント従事者の養成を通じて宮城文芸復興の新たな拠点としての教育機関の役割を担いながら地域への貢献を展開していきます.

【PROGRAM】
DIALOGUE(ダイアローグ)/ 美術館学芸員やキュレーター, ギャラリストによる対話型の講座
LECTURE(レクチャー)/ 第一線で活躍するアーティストやクリエイターを招いた特別講義
WORKSHOP(ワークショップ)/ 各講座の中で学習したことをもとに受講生みずからによる実践の場として取り組む演習型プログラム
EXHIBITION(エキシビション)/ ワークショップの成果を学内外のギャラリーを会場とした展覧会として企画・運営する

【開講期間】
2016年6月〜2017年3月

【主な講師陣】
ピーター・マルコ(ポップ アーティスト, ニューヨーク在住)
高山 登(現代 アーティスト, 宮城大学理事)
大嶋貴明(宮城県美術館, 研究員)
清水 有(せんだいメディアテークキュレーター)
土岐謙次(漆作家, 宮城大学准教授)
寺田真理子(キュレーター, 横浜国立大学大学院Y-GSAスタジオ・マネージャー)
西澤徹夫(建築家)ほか

【ガイダンス】
初回ガイダンスを以下の日程で開催いたします。
日時:2016年7月7日(木)18時から
場所:宮城大学大和キャンパス交流棟1階総合芸術系研究室(旧交流棟講義室1,2)
※当日参加できない方は下記までお問い合わせください。
皆様のご参加をお待ちしています。

プログラム ディレクター
宮城大学事業構想学部デザイン情報学科 教授
中田千彦

【受講申し込み, お問い合わせ】
nakata@myu.ac.jp(中田)まで

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

2016研究室配属に関する面談の日程調整について(1)

デザイン情報学科3年生の皆様

本日(6/6)の説明会でお話をした通り、研究室配属に際して面談を行いたいと思います。
皆さん、授業や活動でお忙しいかと思いますが、以下の日程の中から希望する候補の日時をメールにてお問い合わせください。

6/7(火) 16:00〜17:00
6/7(火) 17:00〜18:00
6/14(火) 16:00〜17:00
6/14(火) 17:00〜18:00
6/14(火) 18:00〜19:00
6/15(水) 16:00〜17:00
6/15(水) 17:00〜18:00
6/16(木) 18:00〜19:00 ←この日は13:00〜17:40頃まで4年のゼミを開催しています。聴講可能です。

以降の日程は改めて追記いたします。
ご連絡は nakata@myu.ac.jp にお願いいたします。

本来であればお一人お一人とじっくり対話をさせていただきたいのですが、皆さんのご都合もあるかと思いますので、一回の面談時間に複数名でお話をお聞きすることになる場合もありますことご容赦ください。
場所は427研究室です。

どうぞよろしくお願いいたします。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

デザイン情報特別講義1・2・3のグラフィック公開

デザイン情報学科の講義科目「デザイン情報特別講義1・2・3」のグラフィックを公開します。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」平成28年度事業 「震災復興からの文化芸術経営:宮城文芸復興のためのアートマネジメントの立ち上げ」 採択のご報告

  • 投稿者: 中田 千彦
  • 2016年5月25日 11:14
  • C-IAM

この度, 文化庁によります「大学を活用した文化芸術推進事業」の平成28年度事業として, 宮城大学から申請をしておりました「震災復興からの文化芸術経営:宮城文芸復興のためのアートマネジメントの立ち上げ」が採択されました.
東日本大震災以降,地域に根ざしたアートマネジメントの必要性と, それを学習するための教育環境の整備, 機会の充実が急務であるという認識から, 東北地方の中心的都市である仙台市に近接して立地し, 被災地域の復興活動拠点としての教育機関の役割を担いながら, 地域に貢献するアートマネジメント人材の養成と宮城文芸復興の新たな拠点としての教育機関の役割を担うことを目指す事業です.
本事業により開設される様々なプログラムを実施するにあたり, 地域で活躍し, 芸術の受け手のニーズをくみ上げながら, 魅力的な展示を企画, 実施するための能力を備え, 文化芸術に関する幅広い知識と,芸術の価値を地域や行政にわかりやすく説明する力を習得した人材の育成が進むことが期待されます.
東北地方に眠る芸術・創作活動, 美術・工芸, また地域素材をいかした創造活動やメディアに対し, 鋭敏な感性と確かな観察眼, それを伝え広めていく力を育て, 文化芸術の作り手と受け手をつなぎ, さらにはその価値を地域と世界を連携させながら評価, 共有させることができる行動力を持った人材を育ててまいりたいと考えております.
また, 震災によって被害を受けた地域から世界に向けて情報発信ができる個性的な人材を育成することを目標とします.
つきましては, 本事業の遂行にあたり, 皆さまのご理解とお力添えいただきたく, どうぞよろしくお願い申し上げます.
今後ともご指導, ご鞭撻を賜りますよう, どうぞよろしくお願いいたします.

宮城大学事業構想学部デザイン情報学科 教授
中田千彦

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

空間デザイン基礎第一課題『紙でつくる立体構成』展示

2016年度デザイン情報学科、一年生演習科目、空間デザイン基礎、第一課題の『紙でつくる立体構成』作品展示が行われています。
大和キャンパスブリッジ棟2階の廊下展示スペースにて、提出された全作品を並べています。

会期中、大学の施設がオープンしている間はいつでも見ることができます。

会期:2016年4月27日(水)〜5月18日(水)予定
会場:大和キャンパスブリッジ棟2階の廊下展示スペース

  

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム

アーカイブ
メタ情報

ページの上部に戻る